2019/06/23春季トーナメント戦vs星槎道都大学

こんにちは。

入れ替え戦が終わり日もまだ浅いですが、今日は星槎道都大学グランドにて春季トーナメント、対星槎道都大学戦が行われました。

メンバーと試合結果は以下の通りです。

 

〈メンバー〉

1⑥岩澤

2⑨中前

3②池田

4⑦渡邉

5③樋口

6D手島→H小林啓(9表)

7⑧髙橋祥→⑧佐々木(7裏)

8④平田→H坂井(9表)

9⑤田村

P 宮澤→吉丸(62/3)

 

〈試合結果〉

北 大
星槎大 X

相手バッテリー:河井―三浦

 

 

これからに期待のかかる1、2年生でこの試合に臨みました。

 

初回、2回、と北大の先発の宮澤は無失点で切り抜けます。

3回表北大の攻撃、先頭の平田がライトへのヒット、続く田村も1球で送りバントを成功させると、今日1番に起用された岩澤がライトへのホームラン!北大が2点を先制します。

3回裏、2本のヒットに強いゴロがエラーを誘い1点を返されますが、1点差に踏みとどまります。

北大打線は岩澤の本塁打の後、池田、髙橋祥平、中前、途中出場の佐々木がそれぞれ3、7、8、9回にヒットを放つも後続が続かず、これ以上は得点に結びつきませんでした。

5回まで相手打線をうまく打ち取っていた宮澤でしたが、先頭の内野安打のあと送りバント、ヒットを2本許し同点、更にヒットで一死満塁とされます。迎えるは1番バッターというところでしたが、宮澤は切れのある変化球で今日初めての三振を奪います。続く打者には強い当たりを打たれ走者一掃のスリーベースヒットとなりマウンドを降りますが、気迫のあるナイスなピッチングを見せてくれました。

二番手の吉丸は最初のバッターにこそ二塁打を打たれ失点しますが、その後は落ち着いた投球で2回と3分の1を2安打無失点、とこちらも素晴らしい投球を披露してくれました。

 

試合に負けはしたものの、各上に対し悪くない試合運びができたのではないかと僕個人としては思いました。ただ勝つことのできた試合でもあったと思います。目の前の1試合の勝ちにこだわってチームとしてもっとレベルアップを図っていきます。

 

新チームの体制になってから目指してきた春での1部昇進はかないませんでしたが、秋こそリベンジを果たせるよう、今日ベンチに入った1、2年生の選手たちにはぜひチームをどんどん盛り上げてくれることを期待してます。

 

 

𡈽屋

 

 

2019/06/18 入替戦vs札幌大谷大学

こんにちは。

昨日、札幌大谷大学との入替戦第三戦が行われました。

結果は12-7で敗れ、一部昇格は果たすことができませんでした。

詳細は以下の通りです。

大谷 12
北大

 

先発は宮本。初回、先頭をストライク先行で追い詰めるも、死球となり出塁を許します。その後犠打と四球で2死13塁から二連続安打で2点得点され、先に流れを渡してしまいます。3回にはスリーランホームランを浴び、ここで宮本は降板。高橋慶にバトンタッチ。1戦目も2戦目も投げた疲労が見えますが、このイニングは何とか抑えきります。

 

3回裏5点ビハインドの北大は、先頭山田が右中間を超えるツーベースで出塁すると続く早川、河合の連続安打で2点返します。昨秋、1戦目ともに苦戦した河合投手から打つことができ、希望が見えます。

 

4回表大谷の攻撃、ヒット・四球でピンチをむかえるも何とか2死までもっていきます。しかしそこでエラーが出てしまい1点許すと、次の打者にツーベースを打たれ、さらに2点得点されます。ここでピッチャーは澤田に交代するも、ヒットとエラーでさらに2点。この回5点得点され8点差にまで広げられます。

同回裏北大の攻撃では先頭藤原がエラーで出塁。後続は三振、左飛で二死となるも、ここから1番山田がライトにヒット、続く早川もライト超えのスリーベースで2点返します。

北大は少しづつ差を縮めていくも、5回表、先頭を四球で出すと、ツーベース、スリーベースと連続安打で2点。またしても差を広げられます。ここでピッチャーは蒲生に交代。この回はしっかり抑えます。蒲生はこのあとテンポよく4回と2/3を無失点で抑えるナイスピッチングでした。

 

再び8点ビハインドで迎えた6回裏、岩澤が四球で出塁すると堀井と早川のヒットで1点返します。7回、門崎がエラーに助けられ、出塁するも後続は三振、三振、中飛と点につながりません。8回、岩澤がセンターへヒットを打つと、絶好調山田は右中間へ打球を飛ばし、岩澤が帰り1点。続く早川の犠飛で山田も帰りこの回2点を返します。5点差でむかえた最終回、左飛、左飛で2死となるも6番河原木はレフト前に打ちます。なんとかつなげたい北大でしたが後続は三振に倒れ試合終了。

 

 

昨秋札幌大谷大学に敗れ、その悔しさを胸に、冬・合宿・リーグ戦を乗り越えここまで来ることができましたが、一部昇格はかないませんでした。昨年1年は「全国で勝つ」という目標でやってきましたが、4年生はもう1部でプレーすることも神宮を目指すこともできません。とても悔しいです。すぐに気持ちを切り替えることは難しいと思いますが、秋こそ1部に上がって後輩たちには神宮を目指してほしいです。

入替戦は1勝2敗。

一昨日の時点では1勝1敗。

ここまで来ることは全く簡単なことでも当たり前なことでもありません。

まず、二部のリーグ戦を優勝して、1部6位大学に1勝をすること。ここまで来てようやく決勝戦を戦えます。今春も難なく二部の優勝したわけではありません。油断すると二部の優勝もできず、入替戦の舞台に立つことすらできないかもしれません。チームとして、個人として足りないところを克服し、もっと成長し、まずは秋も入替戦の舞台に立ちます。そして必ず一部昇格を果たします。

 

最後に、長いリーグ戦でしたが応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

皆様の応援の声、本当に支えになりました。

これからもよろしくお願いします!

 

 

柳川

 

2019/06/16 春季入替戦 第2戦 vs札幌大谷大学 

おはようございます!

昨日は岩見沢市営球場にて春季入替戦第2戦が行われました。以下試合結果です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
北大 0 0 0 0 0 4 1 2 6 13
大谷大 0 0 0 2 0 0 0 0 2 4

4回裏
ここまで長打でピンチは背負うものの、無失点の北大の先発宮本でしたが、一死満塁で降板。ここで、消防士、髙橋慶。1本打たれ大谷大に先制をゆるしますが、併殺で相手の流れを断ち切ります。このあと髙橋慶は4イニング無失点、8回で降板します。

6回表
二死からキャプテン菅野が今日2本目のツーベースヒット。相手のエラーで1点返し、藤原のレフト前ヒット、岩澤のちょこんと当てヘッドスライディングがまたも相手のエラーを誘い、二死満塁。ここで入替戦に強いという堀井。ライト前へしっかり弾き返し、逆転。

7回表
先頭河合がヒットで出塁すると、門崎がタイムリー3ベース、1点追加します。

9回表
不安定な相手ピッチャー陣から攻撃の手を休めることなく6得点。

 

詳細は後ほど野球部のHPからご覧ください。

 

後がない状況ではありましたが、北大が勝利しました!これで1勝1敗。次の試合に勝ったチームが来季1部で戦う権利を得ます。

次戦は明日6月18日(火)野幌野球場にて行われます。平日ではありますが、たくさんの応援お願いいたします!!

 

富田

 

 

2019/06/15春季入替戦vs札幌大谷大学

こんばんは。

 

本日、昨年とは立場が変わって挑戦者としての入替戦が幕を開けました。

相手は昨秋2連敗を喫した札幌大谷大学。

結果は以下の通りです。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大谷 0 0 1 0 2 0 0 1 0 4
北大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

 

北大の先発は蒲生。

三回、先頭にヒットを打たれ、順に犠打、四球で1アウト12塁。次のバッターで併殺を狙うも悪送球となり、満塁となります。ここでセカンドゴロの間に1人帰り先制を許します。

同回、北大の攻撃では7番藤原が四球を選び出塁すると、盗塁、エラーで1アウト3塁のチャンスを作りますがスクイズが決まらず、藤原が塁上死、点を返せません。

 

5回の大谷の攻撃、先頭をエラーで出してしまいます。犠打、四球で1アウト2塁。次のバッターをセンターフライで打ち取り2アウトまでいきますが、4番打者に高めの球を右中間に運ばれ、ライト門崎はグラブにかするも惜しくもとれず。2点追加されます。

同じく5回、北大の攻撃では1アウトから合田がエラーで出塁すると堀井も死球をもらい、続く1番山田のライナー性の打球がライト前に落ち、満塁のチャンスを作ります。しかし、後続が三振、ショートゴロに倒れこの回も無得点で終わります。

 

8回の表にも2連打でさらに得点を許し、4点ビハインドでむかえた9回裏、先頭河原木の打球がエラーを誘い出塁すると、続く藤原の打球は左中間を抜け1点とります。あと3点返したいところでしたが、後続は三振、左飛、左飛でスリーアウトとなり、敗北を喫しました。

 

ミスを最小限にし、少ないチャンスを確実に得点につなげるという北大がやるべき野球を相手にやられてしまいした。

まずは明日1勝し、この春で必ず一部に上がります。

応援よろしくお願いします。

 

 

柳川

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/09 OP戦 vs.WEEDしらおい

こんばんは!今日は入れ替え戦前最後のオープン戦をWEEDしらおいさんと行いました。試合結果は以下のとおりです。

【第1試合】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
北大 1 0 4 0 0 0 1 0 0 6
WEED 1 0 0 0 0 3 1 1 x 7

初回、先頭の山田がレフト前ヒットで出塁。フィルダースチョイスにより北大が先制!

同点で迎えた3回。四球で山田が出塁し、盗塁とタッチアップで三塁到達。三連続四球の押し出しと、エラーで2得点。その後、2死満塁で迎えたバッターは山内。レフト前へ弾き返し2点追加します!

5回までは蒲生が被安打4のナイスピッチング。6回、代わった投手がつかまり一点差とされるも、7回には堀井、岩澤のヒット、河合の犠飛から1点追加。

しかし、7回、8回と先頭の四球が失点につながってしまい、惜敗しました。

 

【第2試合】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
WEED 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
北大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

初回から追いかける展開になりました。ライト前ヒットで出た先頭早川を4番渡邉が還しすぐさま追いつきます。しかし、4回に勝ち越されると、そのまま相手ピッチャーを打ち崩すことができず敗戦となりました。

投げては、高橋慶太が自責点1、澤田も3回を3人ずつピシャリと抑え、つづくピチピチの1年目吉丸もナイスピッチングでした!

 

2試合ともに1点差での敗戦となりました。入れ替え戦まで1週間を切り、精神肉体ともに踏ん張りどころだとは思いますが、全員で頑張りきりましょう!

写真はこちらからご覧ただけます。また、6/8 vs東海大札幌キャンパスの写真を追加しました。

 

札幌大谷大学との入れ替え戦は6/15(土)より岩見沢市野球場に行われます。引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。ぜひ球場へお越しください!

 

富田