2019/10/20OP戦vs北海道教育大学岩見沢校

こんばんは。

今日は北大A球場で北海道教育大学岩見沢校とオープン戦を行いました。

メンバーと試合結果は次の通りです。

〈メンバー〉

1右 佐々木

2二 田村 →二 平田

3左 中前

4捕 池田

5遊 永井

6一 坂井 →一 萩原

7三 小林啓 →三 手島

8中 髙橋祥

9指 渡邉

投 宮本、森、廣田

 

〈試合結果〉

岩教大
北 大 X

 

初回、緊張からか守備のミスを突かれピンチを招きますが、リーグ戦経験も豊富の先発宮本は落ち着いて相手打者を打ち取ります。

二回表、宮本は四球、ヒットで一死一二塁としますが続くバッターを見逃しの三振、サードゴロに抑え切り抜けます。

三回裏、一死一二塁のチャンスで1番の佐々木。鋭い当たりをセンター前はじき返しますが、セカンドランナーはサードベースを回ってストップ。後続に期待がかかりますがここでは凡退。

その後両チームはなかなかチャンスも作れず5回まで終えます。

北大は6回から選手交代、萩原、平田、手島が守備から出場。

先発の宮本は6回を投げて散発の被安打3、無失点。

7回からは森。8回に先頭を四球で出すと送りバント、暴投で3塁まで進まれます。しかし後続を見事に断ち先制を許しません。

その裏の攻撃、二死から4番の池田がヒットで出塁。続く永井、萩原はしっかりボールを見定め連続の四球で満塁。チャンスで回ってきた手島の打席でしたが、追い込まれた後、相手投手の暴投を誘い込み、ついに均衡を破ります。手島は空振りの三振。

初めてリードし、迎えた9回、3番手廣田にスイッチ。しっかり4者凡退で抑えの役割を果たしました。

 

緊張感のある接戦を制したのは北大でした。3年生を中心としてベンチの雰囲気もよく、みんなでもぎ取った1勝に見えました。

これからも勝つということを大事にして戦っていってほしいと思います。

一方で課題も多くみられました。一つずつつぶして次に活かしていきましょう。

 

 

10月22日(火)には札幌大学グラウンドにて札幌大学さんとのオープン戦です。一部リーグの対戦相手にも臆せず自分たちの力を出し切ったような試合を見せてほしいです!応援よろしくお願いします!

 

 

 

土屋

2019/10/19 秋季トーナメント戦 vs北海学園大学

こんにちは!天候が危ぶまれましたが、学園大清田グラウンドにて秋季トーナメント準々決勝が行われました。

試合結果を報告いたします!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
北大 2 0 0 0 1 0 0 2 1 6
学園 0 0 0 0 0 4 0 3 x 7

バッテリー
北大:●蒲生―小林(飛)
学園:中多、○吉田―林(航)

北大メンバー

1 三 藤原(③国立)
2 右 佐々木(①横浜翠嵐)
3 二 岩澤(②川和)
4 捕 小林飛悠(③札幌東)
5 一 高鳥(③国立)
6 指 池田(②松阪)
7 左 不動(③札幌北)→代打 渡邉(②小樽潮陵)
→代走早川(③岐阜)→左 中前(②札幌南)
8 中 原田(③岡山大安寺)
9 遊 山内(③新宿)
P 蒲生(③守山)

1回表:先頭の藤原がセンター前ヒット。2番佐々木に投じられた1球目で藤原は盗塁成功。不安定な相手ピッチャー。3球目の暴投により、藤原3塁へ。佐々木は四球を選ぶ。その後2者連続空振り三振。高鳥は死球で出塁し、二死満塁。初回、先制のビッグチャンス!バッターは池田。見事レフトへ打ち返し2点先制します。

5回表:先頭の岩澤が初球を捉えて、ライトへのエンタイトルツーベース。4番の小林飛がライト前への適時打。3-0と差を広げます。

6回裏:ここまで気持ちの入ったピッチングで抑えてきた北大の先発蒲生。この回も先頭バッターを難なく、空振り三振に切って取りますが、次のバッターに四球を与えます。味方のエラーもあり一死一二塁、次のバッターに適時打。さすがに格上の相手。好機を逃さずに連続ヒットで、この回4失点。

7回裏:ピッチャー蒲生失点した後でしたが、きっちり3人で打ち取り味方の反撃につなげます。

8回表:この回から学園大ピッチャー交代。3連続四球、押出しと捕逸の間に2得点し、北大が打たずして逆転。5-4

8回裏:先頭は打ち取るものの、センターオーバーの2塁打、暴投で一死三塁とされます。ここで踏みとどまりたい北大でしたが次の打者に四球。申告敬遠で満塁策を取りますが、右中間へ走者一掃の勝ち越し打を打たれてしまいました。

9回表:2点差を追いかける北大。あっさり終わりたくはない!途中出場の中前がライトへホームラン!つづく原田もヒットで出塁。9番山内がしっかり送りバントを決め、1番藤原の大きなセンターフライが相手の失策を誘い、一死二三塁。つづく佐々木は四球を選び、満塁としますが、その後2者連続空振り三振でゲームセット。

 

2019年最後の公式戦であった秋季トーナメント戦は準々決勝で敗退となってしまいました。しかし、新チームで1部の大学と競り合った試合ができたことは大きな収穫だったと思います。声を出したり、ベンチの中の全員で戦っている感覚が大きかったです。

札幌はかなり冷え込み、一方、大学内の紅葉も美しい季節になりました。
明日は午後から岩教大とOP戦を行います。

富田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/10/13秋季トーナメント戦vs.文教大

こんばんは。

本日は秋季トーナメント戦2回戦で北海道文教大学と対戦しました。試合結果、メンバーは以下の通りです。

●試合結果●

北大
文教

●メンバー●

1.⑨不動

2.⑧佐々木

3.⑤藤原

4.②池田

5.③高鳥

6.⑨坂井

7.④平田

8.⑥永井

9.D神辺→根岸(8回)

1.①川村→蒲生(6回)→宮本(8回)

 

以上のように6-2で勝利しました。

守備では、最終回に四球、安打で出塁していたランナーがツーベースヒットでホームインし2失点しましたが、1回から5回を川村、6回・7回を蒲生、8回・9回を宮本と3年生で繋いで勝利を掴むことができました。

攻撃では、1回1番不動がシングルヒットを放ち出塁します。2番佐々木が送りバントを成功させると、4番池田が四球で出塁します。2アウト1、2塁の場面で5番高鳥がツーベースヒット。2点を先制します。

その後も、3回5番高鳥がまたもや魅せます。ライト方向へツーベースヒットを放ちます。6番坂井が相手のエラーで出塁すると、1アウト2、3塁の場面で7番平田がセンターへシングルヒットを放ち、2点を追加します。

さらに4回、1番不動が相手のエラーで出塁すると、2番佐々木がセンターオーバーの大きな当たりを放ちランニングホームラン。2点を追加します。

その後は、ヒットが繋がらず得点にすることはできませんでした。

寒い中での試合ではありましたが、しっかりと勝利することができたので良かったと思います。今まで試合に出る機会のなかった1年生や、新チームになってからまだ日が浅いため、今後改善していかなくてはならないことがたくさんあると思います。

これから、練習・試合を重ね、精進していきます。

秋季トーナメント戦3回戦は、10/15北海学園大学清田グラウンド第2球場にて、9:30より行います。札幌学生野球連盟のホームページ速報で試合状況を随時更新しております。

応援よろしくお願いいたします。

 

入船

2019/10/130P戦vs小樽商科大学

こんばんは。

北翔大学でトーナメント戦が行われた裏では、北大に小樽商科大学を迎えてオープン戦を行いました。

メンバーと結果は次の通りです。

 

〈メンバー〉

1二 岩澤 →遊

2中 原田

3遊 山内 →二 田村

4捕 小林飛

5指 樋口 →右 中前

6左 手島 →三

7三 小林啓 →左

8一 萩原

9右 伊藤 →投 森

投 廣田→中前→森

 

〈結果〉

樽 商 11
北 大

 

初回先発廣田は打者二人を抑えるも3番打者に本塁打を許します。

3回表には味方のエラーから始まり3本のヒットなどで3失点。

北大は3回、連続フォアボールの後、1番の岩澤。左中への二塁打を放ち、2得点。しかし後続は倒れ2得点のみ。

5回表、1、2番にヒットと送りバントを決められると、3番にまたもヒット。廣田は5回を投げ6失点5自責。総崩れはせず、5回は投げ切るも課題は多く残りました。

6回からは中前が登板。制球が定まらず1回2/3を投げ3失点で降板しました。

一死満塁で後を引き継いだ森はこの回を打者二人をぴしゃりと抑えると、続く二回は味方のエラーにより失点はするも粘り強く投げ自責点は0。

6回裏、守備から入った田村がライト前ヒットを放つと続く4番小林飛はセンター前ヒット。センターが後逸し、その間に田村は生還。そのまま満塁と攻め立てるも追加点は8番萩原のセカンドゴロの間の1点のみ。

8回裏、4つのフォアボールを選び1点を返すと満塁のチャンスでここまで2打数2安打の田村。3本目のライト前ヒットは2点タイムリーヒット。続く小林飛に同点、逆転打の期待が寄せられますがここでは凡退。

9回裏、先頭打者が出塁するも無失点に抑えられ北大の敗戦となりました。

 

 

リーグ戦に続き入替戦もあったためなかなか試合に出られなかった選手もおり肩に力が入っているようにも見られました。負けはしたもののそれぞれいいところ、次につながる課題を多く見つけられた思います。

怪我にだけは気を付けてそれぞれ個人も、チーム全体もレベルアップに励みましょう。

 

写真はこちらからどうぞ。

 

土屋

 

2019/10/12 秋季トーナメント戦vs札幌学院大学B

こんばんは。

秋季リーグ戦入替戦が終了し、新チームが発足してから一週間弱。

新チームでの初戦として、本日は秋季トーナメント戦第1戦vs札幌学院大学Bが行われました。

 

スターティングメンバ―、試合結果は以下の通りです。

1④岩澤

2⑧佐々木

3⑤藤原

4②小林(飛)

5③高鳥

6⑥山内

7D池田

8⑨原田

9⑦不動

P蒲生

 

北大 10
学院

 

10-8で勝利しました。

 

先発は3年の蒲生。初回は三者凡退に抑えます。

 

しかし、2回。先頭打者に二塁打を許し、ツーアウトまで追い込むも続くバッターのレフト前ヒットにより先制されます。その後も単打と四球により満塁に。満塁で迎えた1番打者に本塁打を浴びこの回一気に5点を失います。

 

3回表。北大は不動、佐々木の単打、小林(飛)のタイムリーツーベースにより2点を奪います。

 

続く3回裏、蒲生は被安打、与四球により降板。宮本が継投します。

宮本は試合終了までナイスピッチングを見せてくれました。

 

北大も負けてはいられません。6回表、山内が四球で出塁すると7番池田がレフトへのツーランホームラン。

4-6と2点差に詰め寄ります。この回の裏には失策も絡み2点を追加されてしまいますが、8回相手ピッチャーが交代したのを皮切りに流れは北大へ。

池田が単打で出塁すると、この回四球7つと小林(飛)の適時打で6得点。逆転に成功します。

残る二回、ピンチを迎える場面もありましたが宮本の二者連続三振などの好投球により2点差での試合終了。

 

新チーム初戦は逆転勝利という形で終えることが出来ました。

 

新チームとして新たな課題・改善点が見えてきました。

一部昇格に向け、目の前の一戦一戦を大切に戦っていきます。

 

 

明日10月13日は

・秋季トーナメント戦第2戦vs北海道文教大学@北翔大学G 8:30試合開始

・OP戦vs小樽商科大学@北大A球場 13:00試合開始

です。応援よろしくお願いいたします。

 

 

折橋