team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
北星 0 0 0 0 0 0 0 0 0
北大 0 0 2 0 1 0 3 7

バッテリー
北星: 森、日下部、秋山 - 今野
北大: 蒲生、宮本 - 堀井

春二節初戦、コールド発進

1節を圧巻の全勝で折り返した北大。入れ替え戦&一部昇格の権利を掴むべく、北星学園大との試合に望みます。


北大の先発マウンドを託されたのは一部リーグの経験も豊富な蒲生(守山=3年)。危なげないピッチングで、北星大打線の攻撃をゼロ行進に封じ込めます。

試合が初めて動いたのは三回裏、北大が1死1,2塁の好機。ここで北大のキン肉マン・門崎(韮山=4年)が甘く入ったボールを逃さず、筋肉の力を利用してライト奥深くへと打球を運びます。これに応えて二走・河合(札幌南=4年)が懸命に走って本塁に生還。続く河原木(札幌北陵=4年)の犠牲フライでさらに一点を加え2-0とし、試合の主導権を握ります。

五回裏、好機で早川(岐阜=3年)がライト前に技ありの適時打を放ち3-0。着実にリードを広げます。先発した蒲生も上々のピッチングを続け、前半を3-0のスコアで折り返します。

そしてラッキーセブンの北大の攻撃。まず手始めに頼れる核弾頭・門崎がレフト前に痛烈な当たりを放ち出塁すると、続く主将菅野(札幌南=4年)が巧みにエンドランを決めてさらにチャンスを拡げます。ここで、先ほども犠飛で打点を記録した河原木がこの日二本目の犠牲フライを打ち上げ、4-0。

一部昇格の気迫に燃える北大はまだまだ攻撃の手を緩めません。続く好機で、この日リーグ戦初スタメンの岩澤(川和=2年)がライト前に弾き返します。走者の生還は難しいと思われた当たりでしたが、相手守備の乱れなど色々あって5-0。さらに河合もライト前に安打を放ち6-0。試合の優位を決定付けます。

八回裏の北大の攻撃。一打サヨナラコールドの満塁の場面で、打席には、前打者の河原木が敬遠され燃えに燃える堀井(旭川東=4年)。堀井の打球は内野ゴロとなりますが、その間に三塁走者が生還。北大が北星大を7x-0の8回コールドゲームで下しました。

北大はここまで貫禄の六連勝。一部昇格へとまた一歩近付きました。

栗山

~著者の今日のMVP~

蒲生…北星大打線をゼロ封。安定のピッチング
早川…右に左に打ち分けマルチ安打。守備でも幾度となく良い動きを見せた

7回無失点と好投した蒲生

目下首位打者、今日も大活躍の早川

きっちり犠牲フライを放つ河原木

リーグ戦初スタメンで即結果を残した岩澤

監督代理を務めあげた安井コーチ

その他の写真はこちら

試合の詳細はこちら