team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
北大 0 0 2 0 2 1 0 1 6 12
北星 1 0 0 0 0 0 0 0 4 5

バッテリー
北大:澤田、宮本 - 堀井
北星:秋山、打矢、荒木、大島  - 今野

春季リーグ戦開幕、初戦を勝ちで飾る。

 

本日は春季リーグ、二部の開幕戦でした。
対戦相手は北星学園大でした。


1回表、北大の攻撃はランナーを出しましたが無得点に終わります。その裏、北大先発の澤田(瑞陵=4年)は2死から四球で許したランナーをワイルドピッチで2塁で進めた後に、相手四番にタイムリーを浴びて先制を許す苦しい展開となります。
しかし、3回表1番山田(札幌旭丘=4年)の内野安打からの盗塁を起点に相手のミスも重なりすぐさま同点に追いつきます。その後のチャンスで4番合田(札幌東=4年)の素晴らしいスイングから繰り出される凡フライが風にも助けられてポテンヒットとなり、北大は逆転に成功します。
更に5回、またもや1番山田のレフト前ヒットからの盗塁を起点としたチャンスに2番河合(札幌南=4年)がセンター前ヒットを放ち1点追加、なお2アウトのチャンスで4番合田の右中間を破る痛烈なタイムリースリーベースヒットから4-1とし、試合を優位に進めます。
先発の澤田は4回を1失点とゲームを作り、ここで降板し宮本(向陽=3年)に交代します。
その後、北大打線は爆発し、7番河原木(札幌北陵=4年)の走者一掃のタイムリースリーベースヒットなどを含む15安打、12得点という結果でした。
途中当番の宮本は最終回こそ少し崩れましたが、粘りのピッチングを見せ5回を投げ4失点という結果でした。
試合は最終的に12-5で北大が勝利しました。
開幕試合ということもあり、硬さが見られることもありましたが、去年からの成長も多々見られました。
課題も多くあったとは思いますが、勝つことが重要です。
まずは1節5連勝できるように、筆者もしっかり応援したいと思います。

稲場

~著者の今日のMVP~

山田:打線の起点となる安打、盗塁でチームを牽引
合田:豪快なスリーベースを含む2本のタイムリー、3安打の活躍で4番の仕事を果たした

リードオフマンとしてチームをけん引する山田

四番としての役割を果たした合田

 

その他の写真はこちら