team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
商大 0 0 0 0 0 0 0 0
北大 2 3 3 0 0 1 × 9

バッテリー

商大:高野、吉川、附田 - 奥山
北大:蒲生、高橋慶、川村 - 堀井

二戦目、コールドで突破

本日の相手はお馴染みの小樽商科大学ということで、お互い手の内をそこそこ理解した中での試合となりました。
攻撃は1回、1番山田(札幌旭丘=4年)が当たり前のように執念のヘッドスライディングで出塁すると、当たり前のように盗塁を決めチャンスを作ります。ツーアウト三塁となった後、就活奮闘中の4番合田(札幌東=4年)が、打った瞬間それとわかる本塁打を放ち幸先よく先制します。その後も北大打線の勢いは収まらず、2回は先頭の河原木(札幌北陵=4年)がヒットで出塁し、河合(札幌南=4年)、藤原(国立=3年)のタイムリーなどで3点を挙げます。3回は門崎(韮山=4年)、河原木の連続安打でチャンスを作ると、早川(岐阜=3年)の2点タイムリーと山田の浅い犠牲フライによる堀井(旭川東=4年)の劇走などで計3点を挙げ、試合の主導権を握ります。投げては先発の蒲生(守山=3年)がこの冬磨いたキレのいいストレートを中心に6回途中までを3安打無失点に抑え、その後マウンドに上がった高橋慶(久留米=3年)は元道都大の市毛(きらやか銀行)を彷彿させる投球フォームでかなり高めのボール球を振らせ打者1人を完璧に抑えます。最後はエース川村(小野=3年)が満塁を作りながらも当たり前のように無失点で切り抜け(筆者からしたら懐かしい光景でした)ゲームセット。開幕から2試合を終えて、全く切れ目のない打線に加え現在盗塁ダービートップの河合をはじめ機動力を発揮できており、またグランド内外でよく声が出ており、チーム力の高さを感じました。今の彼らの強さであれば容易に全勝優勝できるでしょう。全力で見守ります。

長屋

~著者の今日のMVP~

河原木: 格の違いを見せつける華麗なバットさばきを披露

華麗なバット捌きをみせた河原木

試合前に緊張した面持ちの合田

盗塁を決める河合

本塁打の余韻を味わう合田

六回途中無失点と試合を作った蒲生

当たりが出始めた藤原

試合後に満面の笑みを見せる合田

 

 

その他の写真はこちら