team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
岩教 0 0 7 2 0 0 0 0 1 10
北大 1 0 4 0 4 1 1 0 × 11

バッテリー

岩教:本間、庄司啓、菅原、根廻 - 阿部
北大:川村、高橋慶 - 堀井

最大6点差を大逆転、11対10で岩教大に勝利

本日の相手は、北海道教育大学岩見沢校さんでした。

北大の先発は川村(小野=3年)。昨年1部リーグで4勝をあげたその実力を遺憾なく発揮し、1回の岩教大の攻撃を封じ込めます。

その裏、北大打線は1番山田(札幌旭丘=4年)が右中間に2塁打を放ち、いきなりチャンスを作ります。その山田を2番河合(札幌南=4年)が得意のバントで送ります。そして、2戦目から徐々に調子を上げてきた3番藤原(国立=3年)がしっかりと犠牲フライを上げ、北大が先制します。

しかし、3回に川村が岩教大の強力打線に捕まり、5連打を含む合計8安打で7点を取られ、北大は逆転されます。

7対1とされた北大ですが、諦めません。
3回に、9番早川(岐阜=3年)、1番山田が四球を選び、2番河合の粗相気味なショートフライを挟むも、3番藤原のレフト戦への2塁打で7対3とします。その後、5番菅野(札幌南=4年)、6番門崎(韮山=4年)が四球を選び満塁とし、7番河原木(札幌北陵=4年)が3-2から高めのボール球を執念でライト前へ落とし7対5とし、点差を2点に詰めます。

4回、川村は4番に死球を与えてしまいます。次の5番打者のバント処理を菅野が処理を誤り、0アウトランナー1塁・2塁のピンチとなります。その後、6番打者に送りバントを決められ、また、続く7番打者にセーフティースクイズを決められ、8対5とされてしまいます。ここで北大ベンチは川村を諦め、高橋慶(久留米=3年)をマウンドに送ります。しかし、岩教大の打線は手を緩めず、9番のしっとりとセンター前ヒットで9対5とし、さらに点差を広げます。

北大打線は5回、4番合田(札幌東=4年) が四球を選びます。続く5番菅野が放った打球はショートの正面に飛び、6-4-3のダブルプレー、かと思われましたが、相手ショートが打球を逸らし、ノーアウト1塁・3塁のチャンスとなります。続く6番門崎がセカンド強襲ヒット(セカンドのグラブに打球が収まったが、強烈な打球ゆえにねじきった)で9対6とします。続く7番河原木のバントがピッチャーのエラーを誘い(記録は1w-5)、9対8となります。その後、8番堀井(旭川東=4年)のセンターフライでランナーを3塁に進め、9番早川の浅いレフトフライが3塁審判のファインプレーもあり犠牲フライとなり、9対9の同点とします。

また、6回は、ワンアウトから3番藤原がショート内野安打、4番合田、6番門崎が四球を選び、またもや7番河原木が初球の変化球をライト前に運び、ついに北大が逆転します。

7回には、先頭の9番早川がライト前ヒットで出塁し、河合のセカンドゴロの間にランナーを進め、3番藤原が本日2度目のレフト戦へのツーベースを放ち、11-9と突き放します。

5回以降、高橋慶はピンチを作りながらも粘りのピッチングを続け、8回までに被安打4、0失点で凌ぎます。

しかし、9回に岩教大は粘りを見せ、四球、ライト前ヒットでノーアウトランナー1塁・3塁とし、岩教大の山田がセンターへの犠牲フライを上げ、で11対10とし、1点差とされます。しかし、高橋慶は後続を抑え、11対10で北大が勝利しました。

今日は、エースの川村がまさかの9失点をし、苦しい状況から良く巻き返しました。例年の北大には無い形で勝利したことは今後に大きく繋がる好材料かと思います。1節も残す試合は2試合です。しっかりと2連勝して、1部昇格を達成して欲しいと思います。

牧野

~著者の今日のMVP~

高橋慶・・市毛(きらやか銀行)に負けない投球を見せつけ、球場をざわつかせた。

藤原・・・先制点、追加点、ダメ押しの3打点を叩き出し、躍動した。

河原木・・圧巻の打撃でチームを救いました。君は良い打者です。

試合を立て直し流れを呼び込んだ高橋慶

試合を決めた藤原

ホームインし叫ぶ河原木

その他の写真はこちら