team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
学院 0 0 0 2 0 0 1 0 0 3
北大 0 3 0 0 0 5 0 0 × 8

バッテリー

学院:近藤(廉)、奥村(翼)、西部、工藤 - 細谷
北大:蒲生、宮本、川村 - 堀井

投打がかみ合い四連勝を決める

本日は1節第4戦対札幌学院大学戦でした。

 

北大の先発は2戦目に勝ち投手となった蒲生(守山=3年)。本日もテンポの良い投球で3回までノーヒットで学院打線を抑えます。一方、攻撃は2回裏先頭の6番門崎(韮山=4年)がレフト前ヒットで出塁すると、早川(岐阜=3年)、藤原(国立=3年)のタイムリーなどこの回5本のヒットを集め3点先制します。

4回表、打線に援護を貰った蒲生でしたが四球とヒットで2点を失い、北大は1点差にまで追い上げられてしまいます。打線は4、5回とランナーを得点圏にまで進めチャンスは作るものの得点は挙げられず、このまま僅差の試合になるかと思われました。しかし、6回裏1アウトから山田(札幌旭丘=4年)の三遊間のヒットを皮切りに満塁とすると、4番合田(札幌東=4年)の2点タイムリー、主将菅野(札幌南=4年)のスクイズで得点すると、門崎のレフトへの2ランホームランでこの回一挙に5点奪い試合を決定づけました。

 

大量得点を貰った投手陣は、7回表先頭に長打を打たれ1点失いますが、この回途中に蒲生から代わった宮本(向陽=3年)、最終回に登板した川村(小野=3年)が危なげなく抑え、3‐8で北大が勝利しました。

 

全勝で迎えた4戦目でしたが、常にリードを奪う試合運びで開幕4連勝となりました。ビッグイニングにおける打線の集中力はさすがのものだと思いましたし、投手陣も成長を感じる試合でした。次戦は1節全勝をかけた大一番となりますが、必ず勝ち1節全勝で折り返してくれると思います。

横内

~著者の今日のMVP~

蒲生…6回3失点と試合を作り、今期2勝目を挙げた。

門崎…5打数5安打の活躍。打った瞬間それとわかるホームランを放ち、すべての人に強烈なインパクトを与える。

好投した蒲生

食らいつきながらスクイズを決める菅野主将

完璧なホームランを放つ門崎

代走で躍動する高松

今リーグ戦初出場の山内

バスターを決める門崎

本日のヒーローたち

 

その他の写真はこちら