team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
北大 0 1 0 0 0 3 0 1 0 5
国際 0 0 3 0 0 0 0 0 × 3

バッテリー

北大:川村 - 堀井

国際:菊池、矢野目  - 神田

エース川村、本領発揮で春一節全勝達成

本日は、春季リーグ戦第1節の5日目。開幕4連勝と波に乗る北大の相手は、同じく4勝0敗で首位に並ぶ札幌国際大学。前半戦全勝ターンをかけた大一番でした。

強風が吹き荒れる中、北大の先攻で試合開始です。1回表、北大は2番河合(札幌南=4年)がヒットで出塁し、リーグ戦7個目の盗塁を決めてチャンスを作りますが、後続が倒れ無得点に終わります。重要な試合で北大の先発を託されたのは、エース川村(小野=3年)。1回裏の国際大の攻撃を3人で切って取り、上々の立ち上がりを見せます。

試合が動いたのは、2回表。北大は、2死1塁から北大の守備の要、8番堀井(旭川東=4年)がヒットを放ち2死1、3塁のチャンスを作ります。続く9番早川(岐阜=3年)が2球目を捉えてセンター前に運び、北大が先制、試合の主導権を握ります。

しかし、3回裏。四球とエラーが絡んでチャンスを作られると、相手の3、4番に続けてレフトオーバーの2塁打を打たれ、1対3と逆転されます。

追いつきたい北大は、チャンスを作りますが、国際大先発の左投手の前にあと1本が出ず、5回まで無得点が続きます。

一方、川村も4回以降は持ち直して相手打線を無得点に抑えます。バックも川村を盛り立てます。5回、1死から相手の2番打者がセーフティバントを試みますが、サードの藤原(国立=3年)が猛チャージをかけ、ベアハンドキャッチから矢のような送球でランナーの出塁を許さず、相手に流れを渡しません。

その直後の6回表。北大は1死から7番河原木(札幌北陵=4年)が四球を選ぶと、堀井、早川が連続ヒットで繋ぎ、1死満塁のチャンスを作ります。ここで、相手は2番手として、140キロを超える速球と切れ味鋭いスライダーを操るエースを投入し、北大の流れを断ち切りにかかります。迎え撃つのは、北大の切り込み隊長として打線を引っ張る1番山田(札幌旭丘=4年)。その初球。相手投手の、まさかのワイルドピッチで北大が1点を返します。なおも1死2、3塁で、山田が3球目のストレートを捉えると、ボールはセンター前へ転がり2者が生還。4対3と北大が逆転し、試合をひっくり返します。

しかし、強風に加えて冷たい雨も降り始めた7回裏。死球で出したランナーをバントで送られ、2死2塁のチャンスを作られます。ここで、川村がワイルドピッチ。ボールが相手の1塁ベンチ前まで点々と転がる間に2塁ランナーがホームへと突入します。ボールを拾った堀井がホームカバーに入った川村へ送球し、クロスプレー。間一髪タッチアウトとなって、スリーアウトチェンジ。なんとか無失点でしのぎ、事なきを得ます。

そして、8回表。9番早川がこの日3本目のヒットを放ち、バントとヒットで1死1、3塁のチャンスを作ると、迎えるは3番藤原。サードゴロに倒れてしまいますが、俊足を飛ばして1塁はセーフ。この間に3塁走者が生還して貴重な1点をもぎ取り、5対3とします。

その後、8、9回の攻撃をランナーを出しながらも無得点に抑え、9回3失点で完投。リーグ戦では、約1年ぶりの勝利投手となりました。

全勝同士の対決となった大一番を勝利で飾り、5連勝。前半戦を首位で折り返すことができました。5試合を通して多くの課題も見られたと思いますが、全て勝ち切ることができたのはチームとして大きな収穫だと思います。2節の初戦である21日(火)まで少し時間が空きますが、この勢いのまま油断することなく準備し、2節初戦に臨んでもらいたいと思います。

上野

~著者の今日のMVP~

川村・・・9回3失点で完投勝利。悪天候の中、チームに勢いをもたらす気迫のピッチングを見せた。

山田・・・試合を決める決勝打を放ち、チームの勝利に貢献。劣勢の状況下でもムードメーカーとしてチームを盛り上げた。

藤原・・・メジャーリーガー顔負けのベアハンドキャッチを披露。相手のチャンスの芽を摘み取り、北大に流れをもたらした。

安井コーチのノックにも気合がうかがえる

強風、雨、ナイターの中ナイスピッチの川村

ようやく一本打ったら3安打した堀井

バントをベアハンドで処理した藤原

バントもできる門崎

投手交代直後をとらえた山田

ナイスゲーム!!

その他の写真はこちら