team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
北大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
学院 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー

北大:宮本、高橋慶 - 堀井

学院:東海林、近藤(昇)、近藤(廉)、工藤 - 細矢

 

完封リレーで二部優勝決定

試合開始前に二位の札幌国際大学が最下位の北星学園大学に引き分けたため、勝てば二部優勝が決まる試合となった札幌学院大戦。OB観戦日ということで応援熱も高まった試合となりました。

試合を振り返ります。

初回の攻撃。北大は先頭の山田(札幌旭丘=4年)が四球で出塁し、すかさず盗塁でチャンスを作ります。三番藤原(国立=3年)、本日四番に入った門崎(韮山=4年)が連続四球で一死満塁のチャンスを作りますが、得点を奪えません。

その裏北大の先発投手の宮本(向陽=3年)は先頭打者を出塁させ、得点圏まで進まれますが、無得点で締めます。

北大の次のチャンスは三回表。先頭山田の両チーム通じて唯一の長打でチャンスメイクすると、二番早川(岐阜=3年)のバントでチャンスを拡げましたが、後続が続けません。

守備では五回まで宮本が無失点で切り抜け、六回からは高橋慶太(久留米=3年)にスイッチしました。

試合が動いたのは七回表。学院の三人目の投手が不安定なところにつけ込みます。一死から連続四球でチャンスをもらい、二死になった後に代打池田(松阪=2年)も落ち着いて四球を選び満塁。菅野(札幌南=4年)の打席で相手のバッテリーミスで一点をもぎ取りました。

しかしその裏、連打を浴び、二死1.2塁。9番打者の打球をファースト菅野がエラーをし、ピンチを拡げます。けれども高橋慶太はいつも通りの落ち着きで次の打者を抑えます。

優勝が目前に迫った9回裏、高橋慶太はツーアウトまでいきます。7番打者の打球はファーストへのゴロ。優勝が目の前に転がり込んできたと麻生球場のすべての人が思ったときに、主将菅野は大粗相を犯します。本日二つ目のエラーでランナーを出し、次の巨漢の代打にヒットを浴び、9番には四球。二死満塁、一打出たらサヨナラ負けのピンチで一番打者の打球はセンターへのフライ。山田ががっちりつかんでスリーアウト。北大の二部優勝が決まりました。

昨年10月の入れ替え戦で悔しい思いをさせてしまってから、後輩たちは最短での一部復帰を果たすために冬の練習や合宿を乗り越えてきました。その結果、二部優勝をまず収めることができました。しかし、ここではまだ挑戦権を得ただけです。入れ替え戦の相手は去年負けた札幌大谷大学。選手たちはリベンジに燃える気持ちが強いはずです。必ず一部復帰をしてくれると信じています。

笹原

~著者の本日のMVP~

宮本、高橋慶:援護点の少ない中踏ん張り完封リレー達成

先発の宮本

胴上げ投手高橋慶太

四球の池田

優勝おめでとう!

多くのOBが観戦に訪れました

その他の写真はこちら

試合の詳細はこちら