1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
北海学園 0 0 2 0 1 0 0 3
北大 0 1 3 2 0 1 3 10

7回コールド

バッテリー
北海学園:吉田玲、鎌田、長澤、稲原 - 濁沼
北大: 鶴田、澤田 - 堀井

「愛の力がよんだ初勝利」

本日の試合は秋季リーグ戦第7試合、対北海学園戦。

北大の先発は鶴田(4年=神奈川・逗子開成)立ち上がりから珍しくコントロールが冴え渡り良いピッチングを続ける。試合が動いたのは2回裏、5番小川(4年=千葉・県船橋)がバックスクリーンまでも壊そうかというライナー性のホームランで先制。3回表に相手打線にホームランなどで2点を取られるも、その裏に今度は4番合田(3年=札幌東)のライトスタンド上段への2ランホームランなどもあって3点をとり再逆転に成功。
さらには4回裏、藤原(2年=都立国立)や長屋(4年=愛知・横須賀)のタイムリーなどて2点を追加して6-2とする。しかし、5回表1点取られてなお1死満塁の場面でピッチャーを澤田(3年=愛知・瑞凌)に交代、レボリューションを起こして後続を見事教える。澤田が無失点を続ける一方、好調な北大打線は6回に1点、7回には藤原のタイムリーや最後は小川のサヨナラタイムリーでゴールド勝ちを収めた。

山本

~著者の今日のMVP~

澤田(3年=愛知・瑞凌)
5回にはピンチの場面で登板すると、愛の力でレボリューションを起こし無失点の山を築いた。

 

 

 

その他の写真はこちら1

その他の写真はこちら2

試合詳細はこちら