1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
東海大 0 0 1 0 0 0 1 0 3 0 3 8
北大 3 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 5

 

バッテリー
北大:川村 - 堀井
東海大:  宮澤、徳橋、中村 - 井内、上野

野球なんていわばエゴとエゴのシーソーゲーム

本日の試合は,第一節に大差で敗れた東海大学北海道キャンパスとの試合でした.

序盤は終始北大が優勢する形で試合を進めました.
一回表の守備を無失点に抑えたその裏,エラーで出塁したランナーをバントで確実に送り,サードゴロの一塁への送球間に山田(3年=札幌旭丘)が好走塁を見せ,一死三塁とします.
ここで,試合前に「内野の間(合田)を抜いてやりますよ.」なんて軽快なジョークを飛ばしていた4番合田(3年=札幌東)が予告通り三遊間を抜ける痛烈なタイムリーヒットで見事に先制点をものにします.
直後の5番小川(4年=県立船橋)は当然のようにレフトを悠々と超えるホームランを放ち,この回3点を先制します.

北大の先発,川村(2年=小野)は3回,7回に得点を許しますが最小失点で抑えます.

3対2と1点差に迫られ迎えた7回裏.
またもやエラーで出塁したランナーをバントで送り,四球,捕逸も絡み,二死二,三塁とすると,3番長屋(4年=愛知・横須賀)の打球はライト線際に落ち,2点タイムリーヒットとなります.さすがです.
押され気味のムードを断ち切り,再び3点差とします.

その後両者ともに得点なく,あと1イニング抑えれば勝利と誰もが思ったであろう9回表.
野球はそれほど甘くないようで,東海大学北海道キャンパスの強さがここから見せつけられます.
四球、ヒット,四球で満塁とされたところで,ショートに痛烈な打球が飛び、捕球できずに1点を返され,続く打者はプロ注目の5番今川.サードのグラブをかすめるレフトへのタイムリーヒットで2点を返され同点とされてしまいます.

延長戦に入り,両者無得点で迎えた11回表.
この回の先頭,3番赤尾に特大のホームランを許したところで,2節に入り好調の澤田(3年=瑞陵)にスイッチしますが勢いは止まらず,3点差とされてしまいます.

その裏に北大は先頭打者をヒットで出すも無得点に終わり,逆転負けを喫しました.

接戦を制することができない北大の弱さというべきか,逆にそれができる東海大の強さというべきかはわかりませんが,選手個人の力とは別の,試合に勝つ力の差を見せつけられたように感じました.

他大の結果も気になるところですが,北大ができることは残りの2試合で勝つことしかありません.
次は25日。選手はしっかり体を休めつつ最善の準備をして臨みましょう!
読者の方々も引き続き応援よろしくお願いします!

(奈良)

 

~著者の今日のMVP~

なし

 

 

 

その他の写真はこちら1

その他の写真はこちら2

試合詳細はこちら