team 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
大谷大 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
北大 0 0 0 0 1 0 0 2 × 3

バッテリー

大谷大 ●伊藤、成田-中川

北大 宮澤、○飯島-根岸

今季リーグ戦初勝利!!

春季リーグ戦第二節第二戦、相手は札幌大谷大学です。一節は両者一歩も譲らぬ攻防を見せ、4-4の引き分けでした。

必勝を期す北大の先発はエース宮澤(4年 長野)。初回、大谷大の攻撃を三人で切り抜ける完璧な立ち上がりを見せます。一方の北大も、相手の先発左腕を前に初回は三者凡退を喫します。

試合が動いたのは三回表、北大は一死から失策でランナーを許すと、一塁ランナー盗塁の際に送球が逸れ、さらにセンターのカバーミスによって一気に生還。ノーヒットで失点をしてしまいます。

さらに四回表、再び二死から送球ミスで出塁を許すと、相手打者に連打を浴び一点を追加、0-2とされます。

反撃したい北大は四回裏、先頭の2番大澤(2年 札幌南)がセンターへのヒットを放ち、送りバントと連続四球で一死満塁のチャンスを作りますが、後続が倒れ、得点を挙げることができません。

さらに五回裏、北大は一死から9番宮坂(2年 札幌第一)がバントヒットで出塁すると、左飛と盗塁で二死二塁とします。ここで迎えるは先ほどヒットを放っている2番大澤。振りぬいた打球はセンターの頭を超える三塁打となり一点を返し、1-2で前半を終えます。

六、七回は互いにランナーを出すものの、得点は入らず、1-2のまま八回の攻防を迎えます。

八回表、宮澤に代わって北大のマウンドに上がるのは、飯島(2年 西南学院)。二階から投げ下ろすような角度のあるボールが武器の期待の右腕です。飯島は先頭を二飛に打ち取りますが、四球や二本のヒットで二死満塁のピンチを招きます。しかし最後は相手打者を渾身のストレートで三振に切って取り、無失点で切りぬけて味方の反撃を待ちます。

八回裏、北大は先頭の2番大澤が四球で出塁すると、すかさず盗塁を仕掛け、送球が逸れる間に一気に三塁まで進み、無死三塁のチャンスを迎えます。ここで3番今(3年 札幌国際情報)がライトの頭を超える三塁打を放ち同点とします。なおも無死三塁のチャンスで4番近江(3年 浦和)が四球を選んだところで、大谷大はたまらず投手交代。エースを投入します。相手エースも意地を見せ、投ゴロ、申告敬遠、右飛、と追加点が奪えないまま二死満塁となります。ここで代打萩原(4年 札幌南)が放った打球はショートへの弱いゴロ。同点どまりかと思われましたが、この打球が相手のエラーを誘いランナーが生還。逆転に成功します。

九回表の大谷大の攻撃を飯島がしっかりと三人で締め、試合終了。3-2で北大の勝利です。

8戦目にしてうれしい一部昇格後リーグ戦初勝利となりました!!!今日の試合はまさに執念でつかんだ勝利だと思います。また、2年生の活躍が素晴らしかったです。優勝こそなくなってしまいましたが、一つでも上の順位を目指して残り四試合を戦い抜いてほしいと思います!!

池田

~筆者が選ぶ本日のGood Job Players~

・宮澤 

勝ち星こそつきませんでしたが7回を投げて自責0、エースにふさわしい投球でした。次回以降も好投に期待です!

・飯島

プレッシャーのかかる場面での投球でしたがしっかりと0で抑えました。リーグ戦初勝利おめでとう!

・大澤

二安打を含む三出塁に盗塁。攻撃の起点となる素晴らしい活躍でした。次戦以降も期待してます!

本日の写真はこちら