2021/10/17 OP戦 vs札幌大学

こんにちは。
投稿が遅れてしまい申し訳ありません。

先日行われました札幌大学とのOP戦2試合の結果をお知らせ致します。

 

まずは、第一回戦についてです。結果は20対3で勝利しました。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
北 大 20
札 大

メンバー
1(中) 今(②札幌国際情報)
2(遊) 大澤(①札幌南)
3(三) 近江(②埼玉・浦和)
4(指) 藤原(②京都・洛南) → 渡辺(①札幌南) → 田所(②愛知・時習館)
5(右) 山上(②神奈川・湘南)
6(左) 和田(③東京・文京) → 遠藤想太(①愛知・向陽)
7(一) 永井(③札幌東)
8(捕) 根岸(③青森・八戸)
9(二) 森(②愛知・一宮)
投手 原田(②札幌国際情報) → 飯島(①福岡・西南学院)

北大の攻撃は2回、4番の藤原がツーベースヒットで出塁すると5番の山上のタイムリーヒットで1点を先制します。また、根岸のツーベースや森の初球の完璧なバンドが誘った相手のエラー、近江の犠牲フライなどで3回までに3点を挙げ、札大にプレッシャーをかけます。

さらには、6回に永井、根岸、大澤が四死球で出塁すると近江と藤原タイムリーヒットで得点し、8回と9回には同回に打者が2回打席に立つなど北大打線が爆発し、計20得点しました。

投げては先発の原田、毎回のようにランナーは背負うものの安定感のあるピッチングを見せ、7回までに許したのはヒットと4本と3得点、札大に反撃をさせません。8回と9回に登板した飯島は1年生ながらも落ち着いたピッチングを見せ0点に抑えるなど、北大を勝利へと導きました。

 

次に、第二回戦についてです。結果は3対6で敗戦しました。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
札 大
北 大

メンバー
1(中) 遠藤想太(①愛知・向陽)
2(二) 守田(②茨城・日立第一)
3(三) 磯邊(①石川・金沢二水)
4(指) 仲川(①福島・会津) → 渡部(①札幌南)
5(一) 萩原(③札幌南)
6(遊) 宮坂(①札幌第一)
7(右) 伊藤(③愛知・半田)
8(左) 平岡(①神奈川・桐蔭学園) → 木村(②神奈川・サレジオ学院) → 和田(③東京・文京)
9(補) 根岸(③青森・八戸)
投手 吉丸(③埼玉・春日部) → 橋爪(②茨城・水戸第一) → 田所(②愛知・時習館) → 高橋(③三重・四日市)

先発、吉丸の立ち上がりは1番バッターを内野ゴロに打ち取るもショートのエラーにより出塁を許し、その後は四球や暴投などで3点を失います。

なんとか反撃したい北大打線でしたが、3回までのヒットは萩原のレフト前打のみで6三振など札大の先発を相手に手が出ません。
ところが4回、守田が死球で出塁すると、磯邊のライト前ヒットと守田の盗塁でノーアウト1,3塁とチャンスを広げ、仲川と萩原の内野ゴロの間に2得点し札大に1点差に迫ります。

6回、ピッチャーに転向して以来、OP戦で初登板の橋爪が大注目の中マウンドへ向かいました。「めちゃくちゃ緊張してる。」と札大へ向かう車で朝から話していた彼でしたが、ヒットや四球は許すも0点に抑え、素晴らしいデビューを果たしました。

次に登板したのは田所、7回に四球やヒットなどで3点を失ってしまいます。しかし、2試合連続で出場している根岸を気遣い「次は早く終わらせますから。」とベンチで言い残して8回のマウンドに向かうと、有言実行、しっかりと3人で抑えました。
9回には高橋が登板し、満塁のピンチを背負うものの0点に抑え、北大の反撃を待ちます。

日没の近づいた9回裏、ツーアウトランナー無しで打席が回ってきた伊藤はフルカウントからのセンター方向へのランニングホームランを放ち、北大は1点を返します。しかしその後は反撃が続かず3対6で敗戦しました。

 

この日は新チームになってから初めてのOP戦でした。常に外気温が一桁であったこともあり、選手にとってはかなり厳しいコンディションでの試合であったと思います。そんな中でも1部リーグの札幌大学を相手に1勝できたことはとても大きな意味があるように感じています。また、個人的には今まであまり出場機会が無かった同期の活躍を見ることができてとても嬉しかったです。本当にお疲れ様でした。

応援ありがとうございました。

 

菅原

2021/10/10定期戦vs小樽商科大学

こんにちは。昨日北大A球場で行われました、小樽商科大学さんとの定期戦の結果をお知らせいたします。

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

樽商大

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

北 大

3

0

0

2

2

0

1

0

X

8

 

1 二 岩澤慧輔(④川和)

2 遊 田村捷(④西京)

3 捕 池田勇祐(④松阪)

4 指 渡邉秀平(④小樽潮陵)

5 左 中前俊介(④札幌南)

6 一 樋口諒太(④札幌南)

7 右 小林啓人(④三鷹中等教育)

8 中 坂井友哉(④栄東)

9 三 平田悠(④国立)

P 市川涼太(④仙台第一)

 

初回、先発市川は樽商打線を三人で抑えます。北大打線は先頭の岩澤が四球で出塁すると田村の犠打で1死2塁。渡邉、中前、樋口の連打で3点を先制します。2回表、市川に代わってマウンドに上がったのは吉丸(③春日部)。3回無失点の好投をみせます。4回裏、平田が四球で出塁すると、続く岩澤の中前安打や田村の死球などで無死1,2塁。4番渡邉の三塁打で2点追加します。5回表からマウンドは原田(②札幌国際情報)。こちらも3回を無失点で投げ切りました。5回裏、相手の失策で小林が出塁すると続く坂井が右前安打。平田が四球を選び、岩澤の犠飛などで2点追加。7回裏、岩澤、田村、本塁打を打てばサイクルヒットの渡邉が四球を選び中前の犠飛で1点を追加しました。8回表、先程までレフトを守っていた中前がマウンドへ。最後に2回無失点の好投をみせ、8対0で勝利しました。

 

4年目は昨日が最後の試合でした。1年目で2部へ降格し、4年目で1部へ昇格した代でした。それだけでなく、思うように活動できない時期が続き、リーグ戦や春の合宿の中止を乗り越えてきた強い先輩方でした。普段は私たちにとても優しくしてくださいました。数々の経験が昨日の試合に良い形で表れていたと思います。今後もなにかしらの形で野球や北大野球部と関わって欲しいです。また私たちも、4年目が乗り越えてきたものを無駄にしないよう、神宮ベスト8に向け一生懸命取り組みます。今後も変わらぬご声援、よろしくお願い申し上げます。

 

写真はこちら

 

大谷

新チーム主将・副主将の紹介

こんにちは。

 

秋季リーグ戦におきまして多大なるご声援頂けたことを、心より感謝申し上げます。

 

今回のリーグ戦では入替戦が行われず1部リーグへの自動昇格となったため、先日の札幌国際大学との試合をもって弊部では4年生が引退し、新チームの練習が開始しました。

 

新チームの主将、副主将は以下の通りです。

 

主将:宮澤太成(③長野・投手)

副主将:佐々木駿(③横浜翠嵐・外野手)

    萩原弘治(③札幌南・内野手)

 

今後とも北海道大学野球部の応援をよろしくお願いいたします。

 

菅原

令和3年度秋季リーグ戦表彰選手について

こんにちは。秋季リーグ戦の表彰選手を紹介します。

 

近江徹太(②浦和)ベストナイン 三塁手

今利之(②札幌国際情報)ベストナイン 外野手

宮澤太成(③長野)ベストナイン 投手・最高殊勲選手賞・優秀投手賞

 

成績は、近江 打率.348

今 打率.333

宮澤 防御率1.1台 4勝(完投3)でした。

 

あと一歩でベストナインに届かなかった選手も数名いました。多くの選手がこのように優秀な成績を収められたことを誇らしく思います。

また、入替戦まで残り3週間となりました。変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

大谷

2021年度秋季リーグ戦第2節3日目vs札幌国際大学

こんばんは。

自力優勝がかなわない中で迎えた秋季リーグ戦最終日でしたが、本日の第1試合の結果を受け、今日の試合に勝てば優勝というところまでくることができました。

勝利した方が優勝の天王山、北大と国際大の試合の結果お知らせいたします。

 

試合結果

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
国際大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
北 大 0 3 1 0 0 0 0 0 0 4

メンバー
1 (中) 今 (②札幌国際情報)
2 (遊) 大澤(①札幌南)
3 (三) 近江(②浦和)
4 (左) 中前(④札幌南)
5 (捕) 池田(④松阪)
6 (指) 渡邉(④小樽潮陵)
7(二) 岩澤(④川和) 
8 (一) 永井(③札幌東)
9 (右) 佐々木(③横浜翠嵐)
  (投) 宮澤(③長野)

バッテリー
北:宮澤―池田
国:笹森、清水、林田―落合

 

ご覧の通り北大の勝利となりました。

北大打線は2回裏、先頭打者の池田からヒット、四球、送りバント、犠牲フライ①、三塁打①、ヒット①で3得点。

3回裏にも1点追加し、リードは4点に。

北大の先発ピッチャー宮澤は4回、5回に複数の四死球でピンチを招きますが要所で三振を奪ったり、自身の落ち着いた打球処理を見せ、無失点で抑えます。

試合後半は両チームとも点を奪えず、このままゲームセット、北大が4-0で勝利しました。この瞬間に北大の優勝です。

宮澤は9回を完封、被安打1に抑える圧巻のピッチングを披露しました。

 

北大は2部リーグで優勝を収めることができたため、入替戦に進みます。

1部リーグ昇格するため、チーム一丸となりできることをしていきます。

 

今の4年生は1部降格、2部優勝も入替戦で敗戦、2部優勝も入替戦中止、と数々苦難を経験しており、先輩方の悔しむ姿を何度も見てきました。

この代での1部昇格を僕も4年生マネージャーとして期待したいです。

 

最後に、応援してくださったすべての皆様、どうもありがとうございました。

より一層、頑張ってまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

試合の写真はこちら

 

土屋